地域に縛られない求人が広がる、障がい者の在宅勤務を一緒に進めませんか

■ますます期待高まる障がい者就労支援

就労系障害福祉サービスから一般就労への移行数は毎年増加しています。とはいえ、障がい害者の数、特に在宅・通所の障がい者は増加傾向にあり、今後も一般就労へ移行するニーズは一層高まると考えられます。

その際、特に地方では多様なニーズに応えられるだけの求人を、地元だけで用意するのは難しいとの声をお聞きします。

■ICTを活用して多様な仕事を届ける

カラフィスでは、東京をはじめとする大都市圏で障がい者の在宅勤務を募集する企業を募ります。採用者は、進化した通信技術を利用し、在宅で大都市圏企業の業務に従事していただきます。仕事の種類も多くなるため、利用者の適性にあった就職が可能になります。

※カラフィス利用に向けた資料やすでに在宅勤務している障がい者の声を集めた資料など用意しております。問合せページより、お気軽にご請求ください。